介護脱毛について

レジーナクリニック 表参道院なら介護脱毛も安く早く確実に完了!

投稿日:

今、小学生でも脱毛をしている時代になってきました。
脱毛自体がすごくメジャーなものなんですね♪

そしてこんな言葉も誕生しました!
それが介護脱毛です!

介護をした経験がある方はピンとくるかもしれません。
ここでは介護脱毛について紹介していきます!

介護脱毛って?40~50代が行うvio脱毛!

介護美容脱毛

介護脱毛ってどういう意味?と思われている方もいらっしゃるでしょう。
介護脱毛を簡単に言うと、40代~50代の方がvioを脱毛することです。

でも、「高齢だから介護脱毛っていうの?」というとそうではないんです!
介護脱毛と言われている理由を紹介します。

介護脱毛は介護される側のエチケット

介護脱毛介護といえば最近でも話題にのぼることが多いですよね。
介護疲れでの事件やヘルパーさんの待遇の不満など…ニュースでよく目にします。
現在、日本は高齢化社会が加速中…(*_*)
介護も他人事ではなく、いつ身に降りかかってもおかしくない身近な問題なんです。

介護というと、1番デリケートな下のお世話もしてもらうことだって出てきます。
ですが、自分が介護が必要になった時、デリケートゾーンにアンダーヘアがあることで自分にも介護してくれている側にも負担がかかってしまうんです…。

たとえば、こんな負担があげられます。
vioのムダ毛でおむつでかぶれやすくなってしまう。
排泄物が付着しやすく、不衛生。
など。

デリケートゾーンは名前通り、とってもデリケートな部位です。
そこがかぶれたり、不衛生になってしまうと、精神的にも肉体的にも相当なストレスです。
介護する側も排泄物の処理が難しく負担になってしまいますよね…。

実際に介護経験をされた方の間でも悩まれている方が多く、最近では介護施設のケアとしても注目され始めているんです!

いずれ自分が介護してもらう立場になった時に、やっぱり介護してくれる側の負担になりたくないし、自分自身の身体的ストレスも軽くしたい…。

それにはデリケートゾーンの脱毛は大きくかかわっていることがわかりますよね。

なので、介護される側になる前に事前にvioのケアをしよう!と脱毛を行うことを「介護脱毛」と言うんです!

介護脱毛は特に、40代~50代の方が親などの介護をきっかけに始める方が急増中だそうです。

介護脱毛は白髪が生えてくる前にしましょう!

介護脱毛は白髪になってしまう前に
「将来、介護してもらう立場になった時に、子供やヘルパーさんに負担をかけたくない」
だから今、vioをキレイに脱毛しておこう!と、介護脱毛を行う方が増えています。

ただ、介護脱毛には1つ注意点が!

それは、白髪に変わる前に脱毛を行うことです!
医療レーザー脱毛は黒い毛根の色素にレーザーが反応し、毛根の組織を破壊して無毛にしていく施術です。

それが、白髪になってしまうと、脱毛自体が難しくなってしまうからです。
脱毛出来たとしても、効果が思うよりも高くなかったり…。

せっかく介護脱毛しておこう!と意識をもっているのに、出来ないとなるとすごくショックですよね…。

なので、介護脱毛を行うなら出来るだけ早く脱毛を開始して白髪が生えるまでに完了させるのがベストなんです!

レジーナクリニック 表参道院は安く早く確実に脱毛が可能!

レジーナクリニック 表参道院なら、そんな介護脱毛が早く安く確実に出来ます◎

vio脱毛vioの全5回コースで84,000円
しかも、永久脱毛なので通い続けなくてOK!

どこよりもスピーディーに介護に備えられます◎
医療クリニックなので、施術も医師と看護士がして下さるので安心して任せられます(*^_^*)

介護脱毛をしようか迷っている方や興味を持たれている方は、ぜひ、無料カウンセリングを利用して、じっくり相談してみるのをおすすめします!

レジーナクリニック 表参道院が予約開始!口コミや料金は?行き方も掲載♪TOPへ

-介護脱毛について

Copyright© レジーナクリニック 表参道院が予約開始!口コミや料金は?行き方も掲載♪ , 2018 All Rights Reserved.